このサイトでは、サービス向上のためにクッキーを使用しています。
クッキーの利用にご同意いただきますようお願いいたします。
詳細はクッキーポリシーをご確認ください。

クッキーの利用に同意されない方は、お客様のブラウザの設定により変更することができます。

クッキーを設定する

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業内容を変更させていただいております。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

ご予約 Reservation

ご予約及び空室の確認

チェックイン 15:00 / チェックアウト 11:00

Phone: (075)211-5111 (代表)

レストランなんでもランキング!Vol.6 ピトレスク

レストランその他 2017.10.17

皆さま、こんにちは。ホテルオークラ京都 営業企画課の岡田です。

『レストランなんでもランキング!Vol.6』は、17F スカイレストラン「ピトレスク」です。

「ピトレスク」とはフランス語で、『絵画のように美しい』、『絵のような』などの意味に由来しています。
東山連峰の四季折々の景観を望む、ホテルオークラ京都のメインダイニングにふさわしい店名です。

また、その由来は景観だけのものではなく、シェフが五感で感じ、腕を振るい創作する料理の数々もまさに絵画の一部であり、その料理をお召し上がりいただくお客さま、グラス、カトラリーもまた絵画の一部なのだとマネージャーの山本は語っていました。

今回は、絵画の一部を担う「皿」にスポットを当てランキング形式でご紹介します。
実績を基にしたものではなく、私の主観でのランキングとなりますのでご容赦ください。

では、第3位からまいります。

第3位は・・・

「ブーゲンビリア」です。
花の名前に由来する「ブーゲンビリア」は緑と黄色があり、明るい色使いと繊細なデザインが印象的です。
軽いポップなかわいらしさもあり、シェフの玉垣が作る彩り豊かな料理との相性が良いので第3位に。

続いて第2位は・・・

170915pito_1.jpg

「エロイーズ」です。

ルイ14世統治時代の18世紀のコレクションをモチーフにして作られた一枚。
「エロイーズ」とは、ジャン・ジャック・ルソーの恋愛小説のタイトルに由来します。
青のラインが象徴的でワンポイトの差し色となり、より料理の色を際立たせてくれます。
清涼感と重厚感ある趣きがメインディッシュに華を添えます。

そして、第1位は・・・

170915pito_2.jpg

「ベルデュラス」です。
草や木の葉を意味し、現代フランスのフラワーアレンジメントを代表するクリスチャン・トルテュ氏が手掛けた一枚です。
フランスの伝統と日本の水彩画の手法が織り成すデザインで、シンプルな中に落ち着きと気品を感じます。

この他にも、魅力のある「皿(プレート)」の数々がシェフの料理と響き合い、素敵なひとときを演出してくれます。

まだまだご紹介したいカトラリーもたくさんありますが、今回はここまでとさせていただきます。

※ピトレスクではフランス「レイノー社」のプレートを多く使用しております。

秋の味覚、ジビエ、クリスマスと楽しみな季節が続きますが、どうぞ特別な夜をお考えの際には、スカイレストラン「ピトレスク」にお越しください。

スタッフ一同、皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

※掲載内容は投稿日現在の内容です

営業企画課 岡田

170915pito_3.jpg

Related Content関連コンテンツ

Same Category同じカテゴリのブログ記事

  • 2021.03.11【ホテルオークラ京都公式YouTubeチャンネル】食べる辣油・AB醤を和えるだけ♪簡単中華アレンジ

  • 2021.01.20【ホテルオークラ京都公式YouTubeチャンネル】もうひとつの京都を訪ねて とっておきの宇治

  • 2020.12.01【ホテルオークラ京都公式YouTubeチャンネル】京都一周トレイル