TEL. 075-211-5111 (代表)

【季節の旅】桜と美術に出あう春の日帰り旅行

イベント季節の旅京都情報 2017.04.28

皆様、こんにちは。季節の旅 事務局の副島と申します。

2017年4月15日(土)「季節の旅日帰り旅行」では、17名の方にご参加いただき、今年開館20周年を迎えた「MIHO MUSEUM」へ行ってまいりました。

信楽町郊外の山中にある美術館は「桃源郷」をイメージして造られているそうで、周囲の自然や景観に配慮し、建物の8割が地下に作られています。
レセプション棟から美術館までは、桜並木を通ってトンネルを抜け、吊り橋を渡って到着です。
美術館までは約500mの距離があります。
景色を楽しみながら徒歩で、また電気自動車がその間を往復してるので、自動車でも美術館へ行くことができます。
トンネル入り口にはしだれ桜があり、桜の名所でもあります。今回うかがった時は満開までもう少し・・・でしたが、十分綺麗でした。

tabi_1.jpg

今回は、開館20周年記念特別企画「古代オリエント美術の愉しみ -エジプトから中国まで-」と、春季特別展の「和ガラスの美を求めて ~瓶泥舎コレクション~」を、主任研究員・稲垣様の丁寧な案内で、みなさまゆっくりと鑑賞されていました。
古代エジプトから西アジア、中央アジア、そしてユーラシア、東西との深いつながりをうかがわせるMIHOコレクション66点が展示されてます。
異文化間の交流によって、時代、宗教、民族といった垣根を越え創られた芸術品の数々-。
壮大な歴史と精神世界を感じる素晴らしいコレクションをご鑑賞いただきました。

また、春季特別展の和ガラスには、微妙な色やバランス、やすりで一本一本削り出した切子の柔らかな線に、一品一品に宿る独特な美しさと世界観を感じました。

桜と特別展のコレクション鑑賞を満喫した後は、「大津魚忠」にて湖国の旬の味をお楽しみいただき、目と舌で春を感じる一日をお過ごしいただきました。

これからも、季節の旅 事務局では季節ごとに心に残る旅をご提案いたします。

次回の日帰り旅行は5月にございます。

5月24日(水)・27日(土) <名亭で味わう>第七回 宮中の食文化を今に伝える「萬亀楼」
5月28日(日) 800年の歴史と文化の香り ~茶源郷 和束の茶摘み体験と一休寺特別拝観~

いずれも残席わずかですので、お早めにご予約ください。

◆各プランの詳細・6月以降のツアーのご案内 詳しくはこちら

行程に関するお問い合わせ等は、気軽に事務局までどうぞ。
皆様のご参加をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

※掲載内容は投稿日現在の内容です

季節の旅 事務局 副島

tabi_2.jpg

Related Content関連コンテンツ

Same Category同じカテゴリのブログ記事

  • 2018.12.20鴨川の魅力をご紹介♪

  • 京都随一の梅の名所をご紹介!

    2018.03.09京都随一の梅の名所をご紹介!

  • 【季節の旅】名亭で味わう 第6回 春の摘草料理「美山荘」

    2017.05.17【季節の旅】名亭で味わう 第6回 春の摘草料理「美山荘」