TEL. 075-211-5111 (代表)

【季節の旅】名亭で味わう 第16回 雅な雛懐石「京料理 ちもと」

季節の旅 2018.04.27

皆様こんにちは。季節の旅 事務局の副島です。
季節の旅日帰りプラン「名亭で味わう」シリーズ、3月は「京料理 ちもと」にご案内いたしました。

最初に訪問したのは、京都市の南東部、山科にある「隨心院」です。

皇族や公卿が住職を務める門跡寺院で、平安時代の歌人、小野小町ゆかりの寺院としても知られております。
貴重な文化財や、絶世の美女といわれた小野小町の伝承、屋敷跡に残る化粧井戸などを、丁寧に僧侶の方にご案内いただきました。

最後は境内の小野梅園をご観賞。
遅咲きの「はねずの梅」もご覧いただくことができました。「はねずの梅」とは、白みをおびた薄い紅色の梅のことで、古来この色を「はねず(朱華・唐棣)」と呼んでいたことに由来するそうです。

 

そして、「京料理 ちもと」にてご昼食。

まずは、「紫宸殿写しの古今雛」や精巧なお道具類について、女将による詳しい解説とともにご覧いただきました。
その後、華やかな「雛懐石」で春の訪れを感じながらゆっくりとお食事をお楽しみいただきました。

 

ご参加の皆様からは、「貴重な雛飾りに感動した」、「お雛様の由緒や歴史は知らないことも多く、女将のお話は大変興味深かった」とご感想を頂戴いたしました。

これからも、「季節の旅」では皆様の心に残る旅をご提案してまいります。
お問い合わせは季節の旅 事務局までどうぞ。
皆様のご参加をスタッフ一同、お待ち申し上げます。

※掲載内容は投稿日現在の内容です

季節の旅 事務局 副島

 

Related Content関連コンテンツ

Same Category同じカテゴリのブログ記事

  • 2018.10.22【季節の旅】まつりをたのしむ「大津祭」

  • 【季節の旅】名亭で味わう 第14回「大市」

    2018.03.02【季節の旅】名亭で味わう 第14回「大市」

  • 【季節の旅】「海の京都」天橋立の冬景色と地物松葉ガニを味わう 

    2018.02.13【季節の旅】「海の京都」天橋立の冬景色と地物松葉ガニを味わう